アロワナ水槽の費用と維持費!リーズナブルに飼育水槽を揃える方法


「アロワナの飼育を始めたい」と思ったとき、まず考えるのが費用と維持費です。

アロワナ水槽の維持費は、一カ月約8000〜9500円ほどです。

大型魚であるアロワナを飼育するにはそれなりの設備が必要ですし、大型水槽を使用するため、電気代や水道代などがかかります。

そこで今回は、アロワナの飼育にかかる初期費用や生体の価格傾向、長期飼育をする場合の維持費などについて、わかりやすく解説していきます。

アロワナの飼育を検討中のかたは、ぜひ参考にしてください。


アロワナ水槽にかかる費用

まずはイチからアロワナ飼育を始める場合にかかる初期費用と、アロワナの価格傾向についてご紹介をしていきます。

アロワナ飼育の初期費用

アロワナ水槽 水槽セット 費用


まずはアロワナ飼育を始める際の初期費用について。

アロワナを飼うためには、

  • 水槽
  • 水槽台
  • ろ過槽
  • ろ材
  • 配管
  • 循環ポンプ
  • 水槽用ヒーター
  • 照明

これらの設備が必要となってきます。

ひとしきり揃えるとなると、50万円以上はかかる計算です。

アロワナを飼育するのであれば、水槽のサイズは最低でも幅120×奥行き60×高さ60cmのものを用意したいため、オーバーフロー式で飼育をするのならば、水槽だけで約11万円ほどかかります。

ただ、熱帯魚としては大掛かりな設備が必要なアロワナ飼育では、設置スペースを考慮して水槽サイズを決めることもあるため、サイズによって価格は前後すると考えてください。

アロワナは熱帯魚の中でも大掛かりな水槽設備を必要とします。そのため、飼育に必要な物をしっかりと確認し、無駄なくそろえることが飼育費用を抑えるポイントです。

設備ごとの価格相場については以下の記事でも解説していますので、あわせてご覧になってみてください。

【初心者向け】アロワナの飼育方法とは!費用や難易度、注意点も紹介!


アロワナの価格傾向

続いてはアロワナの価格傾向ということで、

  • アジアアロワナの場合
  • ブラックアロワナの場合
  • シルバーアロワナの場合
  • ノーザンバラムンディの場合

以上4種の生体価格相場をご紹介していきます。飼育するアロワナの種類によっても、初期費用は大きく変動します。


アジアアロワナの場合

まずは、アジアアロワナの価格傾向について。

シルバーアロワナなど、ポピュラーな種類は成魚でも1万円ほどから購入できますが、金色の光沢が美しい金龍などのアジアアロワナは、安い個体で20万円ほどから販売されています。

アロワナの中でも特に人気が高く、高価な種類のレッド系(紅龍など)は、安くても30万円ほど、中には50万円を超える個体も多く販売されています。


ブラックアロワナの場合

続いてはブラックアロワナの価格傾向について。

ブラックアロワナのベビーは8,000円ほどと、比較的安価に購入ができます

ただし、ベビーは水質の変化にかなり敏感で、飼育難易度が高いため、初心者が飼うのはやや難しい印象です。

成魚は2万円程度から購入できますが、ワイルド個体やグレードの高い個体は、50万円を超えることもあります。


シルバーアロワナの場合

続いてはシルバーアロワナの価格傾向について。

繁殖が容易なシルバーアロワナは、ベビーだと3,000円前後で購入できます。

そこそこ育った個体でも1万円ほどで販売されているため、アロワナの中ではもっとも安価で購入しやすい種類と言えるでしょう。


ノーザンバラムンディの場合

続いてはノーザンバラムンディの価格傾向について。

アジアアロワナに似た雰囲気を持つノーザンバラムンディは、アロワナほど大きくはならず、価格も若干控えめです。

成長した個体でも、1〜2万円程度で販売されています。

ただし、体色が美しくグレードの高い個体に関しては、アジアアロワナよりも高価な値段で販売されることもあるようです。


アロワナ飼育の維持費例

初期費用が算出できましたら、次にアロワナ飼育の維持費についても確認していきましょう。

飼育の維持費は主に電気代や水道代といった光熱費と、餌にかかる費用から計算することができます。

  • アロワナ水槽の維持費用は1カ月約8000〜9500円ほどです。

ただし、実際には水槽用ヒーターの稼働状況などによって料金を抑えられることがあります。

ここでは東京都で飼育した場合の電気代、水道代、エサ代の維持費用例と、維持費の考え方をご紹介いたします。

アロワナ 費用 電気代


電気代の例

まずは電気代を算出していきましょう。

ここでは幅150×奥行き60×高さ60cmの水槽を東京都で運用したケースをもとに、考えていきます

東京アクアガーデンオンラインショップのアロワナ水槽セットを例に、

  • 循環ポンプ
  • 水槽用ヒーター
  • 照明

電気代料金の目安例として、これらの設備にかかる30日(約1カ月間)分の東京都での電気代を算出してみましょう。

東京電力では1kwh=27円です。

計算式は下記の通りです。

  • 1時間あたりの消費電力(kW)×使用時間×27(東京電力の単価/kWh)

すべて消費電力から計算している例です。実際の稼働状況により費用は増減します。


循環ポンプのコスト例

アロワナ飼育の設備 ポンプ

循環ポンプはオーバーフロー水槽の揚水ポンプとして定番の、レイシー マグネットポンプ RMD-401を選出し、計算しました。

レイシー RMD-401(50Hz)を1ヶ月間毎日稼働させた場合、電気代は約1751円/月になります。

レイシー社のポンプは家庭用のオーバーフロー水槽から水族館、研究施設にまで幅広く導入されおり、安定性・耐久性が高く、費用対効果が抜群です。

水槽用ヒーターのコスト例

続いては水槽用ヒーターのコストについて。

機種はニッソーのプロテクトヒーターR(500W)と、ストロングセーフ(1000W)の2種類を選出し、電気代を割り出していきます。

水槽用ヒーターは目標の水温に維持されていれば、24時間常に稼働するわけではありません。そこで、水槽用ヒーターが1日5時間稼働した場合の電気代例を計算していきます。

30日間×1日5hとするとプロテクトヒーターR(500W)は約1986円、ストロングセーフ(1000W)は約3972円という結果になりました。

ヒーター本体の価格は500Wの方が安いです。

しかし、水槽用ヒーターには本来、サーモスタットが接続されており、設定した水温まで温まると自動で停止する機能がついています。

そのため、実際は素早く水を温められる1000Wの水槽用ヒーターの方が消費電力が少なく、電気代も計算上よりも安く抑えやすいです。

大型水槽は水量が多いため、水槽を置く部屋ごとエアコンで空調管理してやると、さらに水槽用ヒーターの稼働を減らすことができます。

長期維持を考えるなら、エアコンと水槽用ヒーターを併用したり、ヒーターを2台導入するのがおすすめです。


照明のコスト例

続いては水槽用照明のコストについて。

照明はゼンスイ LEDプラス パーフェクトクリア(約39.3W)と、アンダーウォーターLEDスリム ファインホワイト(約13.5W)の2種類を使用した場合で、電気代を算出していきます。

双方の照明を1日8時間×30日間使用した場合でも、パーフェクトクリア(約39.3W)は1ヶ月あたりの電気代が約249円、ファインホワイト(約13.5W)は約86円という結果になりました。

実際の点灯時間によって、1ヶ月分の電気代は抑えることができます。

熱帯魚水槽の電気代!実はそんなに高くない!?節約する工夫も教えます!

水道代金の例

続いては水道代の目安をご紹介しましょう。

幅150×奥行き60×高さ60cm(板厚10mm)の水槽の場合、標準的な水量で約510L入れることができます。

仮に5日に1回100Lの水換えを行なうとすると、1ヶ月間で600Lの水を使うことになりますので、東京都の場合、水道代は約144円と計算できます。

アロワナのエサ代例

アロワナの餌について

続いてはエサ代にかかるコストについて。

アロワナの場合は人工飼料の他に生餌を与えることもありますので、それぞれのエサ代を算出していきます。


人工飼料はコストパフォーマンスが良い

まずは人工飼料を与える場合について。

アロワナに与える人工飼料として代表的なひかりクレスト カーニバルであれば、1袋約1,200円で販売されています。

開封後は湿気の少ない冷暗所に保管しておけば問題ないため、ストックする際に別途費用がかからないのも嬉しいポイントです。


生餌は嗜好性抜群だがコストがかかる

続いては生餌を与える場合について。

生餌はストック専用の水槽や飼育ケースを用意し、生餌のための餌も与えなければなりません。

小赤の場合は、ろ過装置や健康管理も必要になります。

冷凍エサの場合は冷凍庫のスペースが必要です。

生餌は人工飼料と比べると嗜好性は抜群に良いのですが、ストックするためのコストが別途かかるということを理解しておきましょう。

アロワナのエサおすすめ10選!人工餌と生餌はどちらが良いのか・最適の餌をご紹介


アロワナをリーズナブルに飼育する方法

続いては、アロワナをリーズナブルに飼育する方法についてご紹介していきます。

飼育設備にかかる費用を抑えるためには、必要最低限の機材以外のものを購入しないことが鉄則です。

また先述したように、エアコンでの空調管理と水槽用ヒーターを併用すると、水を効率よく保温できるため、電気代を安く済ませることができます。

まずは飼育するアロワナに必要な水槽サイズを割り出し、ろ過などの設計を考えたら、設備の最適な出力を計算して選定しましょう。

その点、オーダーメイドであればアロワナのサイズなどにあわせて設計できるため、無駄のない水槽設備を用意できます。

中古水槽でも問題ないですが、アロワナを飼育できる規格の水槽を見つけられる確率はあまり高くありません。

東京アクアガーデンでは、アロワナ飼育に必要な水槽設備のセット販売やオーダー制作を承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

長い目で見るとお得な設備

最後に、絶対に必要な設備というわけではないものの、長い目で見るとお得な商品や、費用対効果に優れたオプションについてご紹介していきます。


殺菌灯

まずご紹介するのは殺菌灯です。

飼育水の殺菌をするためのアイテムなのですが、殺菌灯を設置することで、病気の発生率を格段に減らすことができます。

病気の治療には出費がかさみますので、長い目で見るとお得な設備と言えるでしょう。

また、殺菌灯にはコケの発生を抑制したり、汚れの原因でもある有機物を分解する効果があるため、結果的に水換えの頻度を減らすことも可能です。


パネル仕上げの水槽台

アロワナ 水槽台 パネル仕上げ

水槽台は大きく分けて、骨組みだけの『架台』と、骨組みを覆うように木製パネルが付いた『パネル仕上げの水槽台』の2種類があります。

やはりパネル仕上げのほうが初期費用は高価なのですが、防音性やインテリア性に優れており、費用対効果が高いためおすすめです。

アロワナ水槽ほどの大型サイズになると、ろ過装置の落水音や循環ポンプの動作音が気になってしまうケースが多いです。東京アクアガーデンでは音を軽減する効果からも、パネル仕上げの水槽台を推奨しています。


まとめ:アロワナ水槽の選び方!飼育に必要なサイズ・設計と水槽の購入方法

アロワナ 費用 まとめ

今回は、アロワナ飼育の初期費用や生体の価格傾向、長期飼育をする場合の維持費などについて解説をしてきました。

設備を揃えるために50万円ほどが必要で、生体価格も決して安くはないため、アロワナ飼育は初期にかかる費用がかなり高くなります。

しかし、最適な設備を選定して効率よく稼働させることができれば、維持費は大幅に削減することが可能です。

アロワナ飼育を検討中のかたは、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

アロワナ水槽の選び方については、下記のコラムでも解説しています。併せてご覧いただけますと幸いです。

  • お問い合わせから納品まで
  • オーダーメイド水槽台
  • 大型水槽
  • コラム

CATEGORYカテゴリーから探す

SUPPORTお客様サポート

SMARTPHONEスマホで見る

スマホサイト用QRコード
  • オーダーメイド水槽
  • オーダーメイド水槽台

カテゴリーから探す

コンテンツを見る