オーダーメイド水槽TOP > コラム > アロワナを150cm水槽で飼育するポイント!大型水槽で最適に飼育しよう

アロワナを150cm水槽で飼育するポイント!大型水槽で最適に飼育しよう


150cm水槽は様々な種類のアロワナを終生飼育できる、理想的な水槽サイズです。
成魚のアロワナを泳がせても水量、遊泳スペース共に余裕があるので、ストレスをかけず健康に飼育できます。
120cm水槽と比べて飼育できるアロワナ種類や飼育スタイルの選択肢が増えるので、理想のアクアリウムを実現しやすいのも嬉しいです。

事前の確認や対策は必要ですが、一般的な住宅にも設置できるサイズ感なので、東京アクアガーデンでもアロワナ飼育のご相談をいただいた際はまず、150cm水槽をおすすめしています。
このコラムでは、そんな150cm水槽のメリットやアロワナを飼育する際のポイント、150cm水槽で飼育できるアロワナの種類について解説します。

150cm水槽はアロワナ飼育に最適

150cm水槽で飼育されているアロワナ

「アロワナ飼育の水槽サイズは?」というお問い合わせをいただいた場合、東京アクアガーデンでは150cm水槽をおすすめしています。
そこには、アロワナの終生飼育を考えたときにメリットとなる、ちょうど良いサイズ感が関係しているのです。
ここでは、150cm水槽がアロワナ飼育に最適な理由を解説していきます。

150cm水槽はアロワナ飼育のベストサイズ

水槽飼育のアジアアロワナ

150cm水槽がアロワナ飼育のベストサイズと言われる理由には、

  • アジアアロワナを含む多くのアロワナを終生飼育できる
  • 自宅でも管理ができる

の2つが挙げられます。
150cm水槽では、様々な品種のアロワナを終生飼育できますが、中でも特に人気の高いアジアアロワナが飼育できるのは大きいです。
アジアアロワナの最大体長は60cm前後ですが、体が硬いので広い遊泳スペースが必須。奥行き60cmならばちょうど良い広さを確保できるので、健康に飼育できます。

また、大型水槽となるとメンテナンスも大変ですが、150cmならば180cm水槽よりは管理がしやすいでしょう。

大型水槽の中ではメンテナンスがしやすく、清潔な飼育環境を維持しやすいことからも150cm水槽は人気があります。

水量や機材の設置スペースが確保しやすい

アロワナ水槽の循環ポンプ

150cm水槽は、水槽本体だけで500L以上の水量を確保できます。これはワンサイズ下の120cm水槽よりも100L近く多い水量で、そこにろ過槽分を加えれば総水量はさらに多くなります。
これだけの水量があれば、水を汚しやすい肉食性のアロワナでも水質の管理がかなり楽になるでしょう。

また、照明やろ過フィルター、ポンプなどの飼育機材も180cm水槽に比べると選択肢が多く、飼育するアロワナに合わせた環境を作りやすいです。

特にアロワナを初めて飼育する場合には、選択肢が多く管理がしやすい150cm水槽を準備しておくと、安心して飼育を進められます。

150cm水槽で終生飼育できるアロワナ

150cm水槽では大型種のシルバーアロワナやスポテッドバラムンディ以外の、ほとんどのアロワナを飼育できます。
種類ごとに150cm水槽で飼育するメリットなどをご紹介します。

アジアアロワナ

アロワナ 紅龍

写真協力:アロワナ専門店AROMANIA

体長60cm前後まで成長するアジアアロワナならば、どの品種でも150cm水槽で終生飼育が可能です。

アジアアロワナは120cm水槽でも飼育できますが、先程も触れた通り体が硬くて十分な広さがないと回遊するのが難しいため、150cm水槽の方が余裕を持って確実に飼育できます。
配管などにぶつかって怪我をするリスクも減らせるので、安全に育成できるのも魅力です。

ノーザンバラムンディ

ノーザンバラムンディ

オーストラリアに生息するアロワナの仲間、ノーザンバラムンディはアジアアロワナに似たフォルムと、大きくて硬い立派な鱗が魅力です。

しかし、この鱗によってターンが苦手なため、飼育には大きな水槽が必須となります。
体長は60〜70cm程度ですが、十分に回遊させるには150cm水槽を用意しましょう。
ノーザンバラムンディは気性が荒い魚としても有名ですが、単独でゆったりした広さの水槽で飼育すれば、ストレスを感じさせずに育てられます。

ブラックアロワナ

ブラックアロワナ

最大体長70cmほどにまで成長するブラックアロワナも150cmなら終生飼育が可能です。
体長的には180cm水槽の方が余裕がありますが、体が柔らかく少し狭くてもしっかりターンできるため、150cm水槽でも十分に飼育できます。

また、ブラックアロワナは比較的温和なので、ポリプテルスなどの他の大型魚とも混泳が可能。
奥行きのある150cm水槽で水量を確保できれば、大型魚の混泳水槽としても活用できます。

150cm水槽でのアロワナ飼育ポイント

150cm水槽のアロワナ 横見

同じ横幅150cmの水槽でも、奥行きによってはアロワナ飼育が難しくなることも。
また、設置する際には床の耐荷重などにも気を配りましょう
ここでは、おすすめの奥行サイズや、設置場所、照明の選定や水質維持についてを解説します。

奥行60cm以上で快適に飼育できる

アロワナ飼育では、水槽の横幅だけでなく奥行きにも気を配りましょう。
水槽内を回遊する習性があるアロワナに最適な奥行きは60cm以上です。

高さには特に決まりはないので、W150×D60×H45〜60cmの水槽を選ぶと良いでしょう。

150cm水槽では奥行き45cmの水槽も販売されていますが、こちらだと少し狭く、特にアジアアロワナなどはターンしきれずに怪我をしてしまう可能性が高まりますので、注意してください。
また、奥行きが広いとあると隅に配置した配管が邪魔になりにくい、水中照明やフィッシュレットなどを設置しやすいなど機能面・鑑賞面でもメリットがあります。

アロワナのより良い飼育環境を構築するため、なるべく奥行の広い水槽を購入しましょう。

設置場所の広さや床の耐荷重に気を付けよう

アロワナ水槽の設置に適した場所

150cm×60cmの水槽ともなると、設置するのにかなり広いスペースが必要です。
飼育水から発生する湿気や排熱のため、水槽は周りから10cm程度の隙間を空けて設置しますので、水槽サイズ+前後左右10cmのスペースを用意しましょう。

また、もう一点気を付けなければならないのが耐荷重の問題です。
標準的な150cm水槽の場合、10mm厚のアクリル製で41kg、それに水の重みを足すと約550kgにもなります。さらに、水槽台や機材、ろ過槽分の水の重さが加わると、水槽の仕様によっては800kgを超えることも少なくありません。
一般的な住宅の耐荷重の基準は180kgですので、鉄筋住宅やコンクリート床へ設置するか、床の補強工事を行い安全を確認したうえで設置するようにしましょう。

ちなみに、軽量化を図る場合は、水槽台を『架台』にするのがおすすめです。
東京アクアガーデンオンラインショップでは、丈夫な鉄材を使用した水槽架台を数多く制作してきた実績があります。お好みのサイズ・高さで制作できますので、お気軽にご相談ください。

照明はアロワナの体色で選定!水中照明は必要?

アロワナの鑑賞性を高めるためには、照明の選定が重要です。

基本的にはアロワナの体色に合わせた色味のライトを選ぶことで、美しい体の色や鱗の艶を最大限に引き立たせることができます。
中には色揚げ効果が期待できる照明もありますので、状況に合わせてライトを変えてみるのも良いでしょう。

また、アロワナ照明には水槽の上に設置する一般的な水槽用ライトの他に、水中に設置する水中照明があります。
水中照明は、より生体に近い場所から光を当てることができるのが最大の魅力で、水槽内の雰囲気づくりにも最適です。
特にアロワナなどの大型魚だと、照らし出されて陰影が付くことで迫力ある姿が際立ちます。

ただ、設置場所の都合上、どうしても水槽内の遊泳スペースを狭めてしまうので、広さを保ちたいときは水上に設置する照明を使用するのがおすすめです。
水上ライトだからと言ってアロワナの飼育に影響が出るようなことはなく、むしろ掃除がしやすいなどの利点もあるので、飼育スタイルに合わせてお好みの照明を選んで見てください。

水質や汚れに注意しよう

アロワナと水質

新しく水槽を設置したばかりの頃は、水をきれいにするバクテリアが定着しておらず、水質が不安定になりやすいです。

150cm水槽は豊富な水量で多少の水の汚れはカバーできますが、やはりアロワナを飼育していると餌の食べ残しやフンなどで水質が悪化してしまうことがあります。
そのため、少しでも水をきれいに保つために、食べ残しやフンは気づいたときに網で回収して汚れを水槽に残さない工夫をしましょう。

また、水換えのタイミングは水質検査薬を使って、pHや硝酸塩の値を確認しながら決めていくと、適切なペースをつかみやすくなります。

アロワナ水槽には、1時間に総水量を3回転できるパワーの循環ポンプやろ過フィルターが向いています。

それに満たない場合は、こまめな水換えで対応しましょう。

まとめ:アロワナを150cm水槽で飼育するポイント!大型水槽で最適に飼育しよう

アロワナ飼育に必要な設計・設備

150cm水槽はアロワナ飼育における理想の水槽と言っても過言ではありません。
1mを超える大型種には少々手狭ですが、それ以外の品種ならば大抵のアロワナを終生飼育できますし、遊泳スペースも十分に確保できます。

特に人気のアジアアロワナを飼育するならば、150cm水槽を選びましょう。
ワンランクサイズが上の180cm水槽よりも照明や機材の種類が豊富で、お好みの飼育環境にカスタマイズできるのも嬉しいところです。
アロワナ飼育を検討されている方は、W150×D60×H60cm水槽をぜひ候補に入れてみてください。

東京アクアガーデンオンラインショップでは、アロワナ飼育に最適な水槽や水槽台、ろ過槽、ろ材に至るまでをセットにした『アロワナ飼育セット』を販売しています。
アロワナにとって住みやすい環境づくりをテーマに水槽設計を行っておりますので、ご入用の際には、お気軽にお問い合わせください

水槽のサイズ(横幅、奥行き、高さ)や仕様(加工)を自由にご指定いただけるセットをご希望の場合は、こちらからお問い合わせください。2mを超える大型水槽も製作可能です。

アロワナ水槽の選び方については、下記のコラムでも解説しています。併せてご覧いただけますと幸いです。

また、このコラムの写真は一部、アロワナ専門店『AROMANIA』様からご提供いただいています。

アロワナ 紅龍 ショートボディ

お問い合わせはこちら

アロワナ水槽のご購入、オーダーメイドについては下記の専用メールフォーム、もしくはお電話にてお問い合わせください。

メールフォームは24時間365日送信可能です。

お電話の受付可能時間は9時〜21時となり、営業日、営業時間外のお電話はオペレーターが対応させていただきます。

 

フォームでお問合せ

 

電話でお問合せ

CATEGORYカテゴリーから探す
SUPPORTお客様サポート
SMARTPHONEスマホで見る
スマホサイト用QRコード
  • おさかな子供服ピッコロアクアリオ
  • オーダーメイド水槽
  • オーダーメイド水槽台

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツを見る